最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« ネットラジオ | トップページ | どこだと思う? »

2004年11月28日 (日)

[ WinXP ] CG-LAPCIGTにRealtekのReference driverをインストールする方法

# この方法を試したことによって
# デバイスの故障等の不具合を引き起こすことがあります.
# 自己責任にて試用ください.

CG-LAPCIGTのベンダIDおよびデバイスIDが書き換えられているため,
Reference driverがインストールできない現象への対応策です.
あまり意味がないかもしれないので,推奨はしませんが,
一応やり方だけ.

1. RealtekからRTL-8169S(B)用のドライバをダウンロード

2. INFファイル(NetrtOEM.inf?)に以下のエントリを追加.

[ControlFlags]
ExcludeFromSelect = PCI\VEN_1259&DEV_C107

[Realtek.NT.5.1]
%RTL8169.DeviceDesc% = RTL8169.ndi, PCI\VEN_1259&DEV_C107&SUBSYS_C1071259

3. 通常通りインストール

確認してはいませんが,
製品によって使用チップが異なる場合があり得ます.
これでインストールできない場合は,
デバイスマネージャからデバイスインスタンスIDを確認して,
適宜書き換えてください.

« ネットラジオ | トップページ | どこだと思う? »

技術情報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: [ WinXP ] CG-LAPCIGTにRealtekのReference driverをインストールする方法:

« ネットラジオ | トップページ | どこだと思う? »