最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 今日も研修 | トップページ | 研究室 »

2005年4月21日 (木)

入力脳と出力脳

研修でそんな話を聞きました.
詳しくはここあたりを見てもらうとして…

人間には入力されてきた情報を処理するのに使う脳と,
情報を出力するときに使う脳に癖があるんだそうな.
まぁ本当かどうかは知らんけどね.

で,右脳は皆さんご存じのようにイメージを処理する機能,
左脳は論理的な事柄を処理する機能に長けているとか.

これを組み合わせると,例えば入力が右脳の人(右脳入力の人)は
イメージを掴んで処理することが得意とか,出力が左脳の人は,
物事を論理的に表現することが得意とか言うことになるらしい.

この入力脳と出力脳を判定する方法があるんだけど,
それはリンク先を見てもらった方が早いかな.
入力脳は手を組んだときに,下の方にくる手側の脳,
出力の右派腕組みをしたときに,下の方にくる腕側の脳ってことだそうだ.

実際やってみたところ,俺は右脳入力,右脳出力,
つまり,イメージ的な情報からインプットし,
抽象的に物事を表現する特性を持っていることになる.

わかりにくければ,例えば,長嶋茂雄は左脳入力,右脳出力だそうだ.
情報をインプットするときは,理論的に解釈し,
出力は抽象的になってしまうということだ.
出力はわかりやすいよね?
「ここで"ググッ"と腰を入れて,"パッ"とバットを振り抜くんだ」
みたいな説明するでしょ?

あんまり血液型とか信じない方だけど,なんかこの話聞いたら,素直に信じちゃった.
確かに俺は論理的なもの,例えば論理的に構成された文章とか読むのがすごい苦手だし,
表現するときも割と抽象的になってしまっている気がする.
反対に,ものを作ったり,PCの操作とか割と入力がイメージ的なものって得意だし.

もっと言うと,人とコミュニケーション取るときにも当てはまるとか.
例えば,右脳出力の人と左脳入力のひとが話したりしてると,
「何いってんだかわかんないよ!」
なんてこともあるらしい.

研究室で言うと,だっちは左脳入力なのかな?
反対に,よしおは右脳入力な気がする.
みんなどっちなのかな?

………

みたいな話って,合コンとかで使えそうだよねw

« 今日も研修 | トップページ | 研究室 »

会社」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 入力脳と出力脳:

« 今日も研修 | トップページ | 研究室 »