最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 飽きた… | トップページ | 肉 »

2005年4月29日 (金)

プレゼン

今日は一日かけて,マーケティングに関してのプレゼン実習がありました.

今回は外部の講師が来て,客観的にプレゼンの評価をしてくれるっていういいチャンス.
残念ながら今回は俺が発表した訳じゃないから講評はなかったけどね.

方法としては,全14グループで1グループの持ち時間が10分.
あるテーマに関してグループ毎に自由に発表する.
各人10点満点で採点して,その合計点から優れたグループを選ぶというゲーム形式.

実際たった10分程度の発表だったけど,
同じ一つのテーマについてプレゼンするということもあって,
勝負の決め手は内容云々よりプレゼンスキルが第一.
そんなこともあって,今回他の人の発表を見て,
今まで気づかなかったことがたくさん見えてきて,結構ためになった.

例えば,スライド一つ取ってみても,今回一番高得点だったチームは,
内容に関しては,一定のラインは越えてはいたけど,
正直実現可能性は低いと思うし,常識から考えても無理な提案だった.
だけど,スライドに関しては,ダントツの出来だったし,発表者もなかなか面白かった.
まぁ,実際にビジネスの場であんなことやったら大変なことになるとは思うけどね.

俺としては,提案の内容も含めたプレゼンのスキルについて採点していたつもりだったから,
一位のチームには良い点数を付けなかったんだけど,
蓋を開けてみたらダントツでトップ.
内容はどうあれ,発表の方法とかスライドの出来で順位が決まって来ていたのが
結構びっくりだったな~.

今までのプレゼンて,割と専門性の高いものが多かったから,
内容はどれもそれなりのレベルにあったし,
その上でプレゼンのイメージがつかめれば十分で,
詳しいところまで理解できればすごいみたいな感じが大半だったと思うんだよね.
だけど今回は,みんなが分かっていることをプレゼンするわけで,
そういう部分で一番大事なことっていうのが,
いかに楽しいプレゼンにするかってところだったというわけだね.

結局プレゼンの基本のところは,相手に言いたいことを伝える
ってことに変わりはないと思うんだけど,
場合によって何を重要視すべきかは変わってくるんだなーって実感.

プレゼンがいかに難しいかが分かった気がする.

« 飽きた… | トップページ | 肉 »

会社」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: プレゼン:

« 飽きた… | トップページ | 肉 »