最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 万歩計ログ | トップページ | 半田付け »

2005年6月26日 (日)

几号水準点 横浜山谷庚申塔 (横浜市南区) @ 6/25

几号水準点とは,内務省地理寮水準点,または高低几号標と言われ,
当時の内務省が設置した,言わば明治時代の水準点である.
現在の水準点は主要国道沿いに設置されているが,
この几号は寺社の碑や灯籠,石垣など,
不朽物に設置されているものがほとんどである.
設置方法は,石標などに彫刻されることが多かった.
大きさはせいぜい10cm四方であり,石碑などに刻まれていた場合,
一見して見つけにくいものである.

横浜には現在5か所に几号が現存していると言われている.
この辺の情報は上西氏のHP伊藤氏のHPなどが詳しいので,
興味があれば参照してみると良いだろう.

さて,この横浜山谷の几号水準点であるが,
結論から言えば残念ながらはっきりと見ることは出来なかった.
何故か…理由は写真を見ればはっきりするだろう.

05062601.jpg
んー残念…
恐らく管理人の方がおいたであろう線香受けがあって見ることは出来なかった.
ここに来るまで急な坂をずっと上って来たのになぁ…
# ちょっとずらしてみたら上部の線だけ見えたので,
# 無いわけではないんだろうな.

ちなみに,こんなところにありました.
05062602.jpg
山田坂(と言うらしい)を登り切ったところの横に設置してある.
ちなみに地図でいうとここ
行き方はいろいろあるんだろうけど,
俺は東急本線南太田から歩いていきました.
16号から中村橋交差点の方に行くと,右は急坂,左は平地な道があるので,
そこを急坂の方へ.
どっちにしても坂は上る羽目になるので,始めに上っちゃえばいいでしょう.

で,登り切ると前に米軍基地のゲートがあるので,素直に左折.
すると,山谷のバス停があります.
そこからだとすぐわかるかな.

まぁあんまり見ておもしろいもんでもないよw
興味がなければね…

« 万歩計ログ | トップページ | 半田付け »

史跡 / 戦跡」カテゴリの記事

コメント

シュールですね。。

まぁ何も知らない人にとってはただの仏像好きにしか見えないだろうねw

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 几号水準点 横浜山谷庚申塔 (横浜市南区) @ 6/25:

« 万歩計ログ | トップページ | 半田付け »