最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 浦山ダム (秩父さくら湖) @ 7/17 | トップページ | 1周年 »

2005年7月23日 (土)

ルパン三世SP 天使の策略

ここ数年の作品はやっつけっぽいのばかりだったから期待してなかったけど,
案の定…
題材,設定,ストーリーどれをとっても微妙.
TVだからいいけど,映画館でこんなの見せられた日には暴動が起きます.
2年に一度でいいからもっとマシなのを作って欲しいですな.

内容に反比例して素晴らしくなっていくのは映像効果だ.
色々な効果が楽しめる分,
各キャラクターの戦闘シーンは年々格好良くなってきていると思う.
今年のは今までで一番良かったかな.

結局のところ,PSとかのゲーム業界と同じになってきてしまっている感じがする.
宝の持ち腐れという奴だ.
来年にはもう少しどうにかして欲しいものだ.

そんなわけで,作品自体はひどかったわけなので,
今回は音楽について触れてみようかと.

ルパン三世の音楽担当と言えばJazz-pianistの大野雄二だ.
ルパンだけじゃなく,ライブや主題歌制作など,
色々と活躍しているアーティストだ.
JazzやFusionがメインだが,Pop寄りの曲も作ったりしてるから,
結構幅は広いのかもしれない.

ルパンに関しては,毎年新作が出るたびにアレンジを制作しているが,
ここ数年,ルパンと同様マンネリ化しているのは否めない.
しかし,エンディングテーマは自由に作れるためか,
色々と変化があって楽しめる.
今年のエンディングはDoubleをfeatureした"夢のカケラ"だ.

最初はR&B系でデビューしながら,
結局は受け入れられずに途中でグダグダになって,
中途半端なところに収まってしまうアーティストが多い中,
(宇多田とか平井堅とかね)
Doubleは,当時からR&B路線で頑張っている数少ないアーティストの一人だ.
名前の通り,デビュー当時は姉妹のデュオであったが,
姉が他界し,現在ソロで頑張っている.

曲や実力からすると,残念ながらJapanese-R&Bの域を出ないが,
そこはプロデューサーの腕次第.
日本人なのでSoulfulさがどうしても…という部分はあるが,
活かし方次第では戦えるだけの実力はあると思う.

で,今回の曲だが,Soul系をボーカルとして起用したあたり,
非常に面白い出来となっている.
Soulful-Jazzであるから,ボーカルの実力がフルに試されるため,
正直うまいとは言い難いものの,
Soul系ボーカルとの組み合わせは日本では中々無いのではないだろうか?

日本なので本場のSoulful-Jazzを目指すのは難しいとは思うが,
そこは工夫次第で新しいジャンルを作るもよし.
未開拓であるだけに,色々と探っていく価値はあるのではないだろうか.
こういった新しい試みを通してJazz,Soulを盛り上げていって欲しいところである.

« 浦山ダム (秩父さくら湖) @ 7/17 | トップページ | 1周年 »

メディア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ルパン三世SP 天使の策略:

« 浦山ダム (秩父さくら湖) @ 7/17 | トップページ | 1周年 »