最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 記事多くてごめんなさい | トップページ | wiki »

2005年9月27日 (火)

[ Linux ] ファイルの自動バックアップ

HDDが飛んでからバックアップには気を使ってたつもりだったが,
実質MOを配備しただけで終わっちゃってたので,
今回は週一で重要ファイルをバックアップ,
MOにコピーみたいなスクリプトを作ってみました.
まぁありふれたスクリプトなんで,特に解説はしないけど.

#!/bin/sh

BKNAME="`/bin/date +%y%m%d`.tar.gz"
RMNAME="`/bin/date --date '5 weeks ago' +'%y%m%d'`.tar.gz"
LISTFILE="(リストファイルのパス)"
TEMPTGT="/dev/shm"
TARGET="/media/mo"

# Archive to temporary space
/bin/tar zcvfT $TEMPTGT/$BKNAME $LISTFILE > /dev/null 2>&1

# If the old file exists, remove first
if [ -e $TARGET/$RMNAME ]; then
/bin/rm -f $TARGET/$RMNAME
fi

# Move to backup device
/bin/mv $TEMPTGT/$BKNAME $TARGET

あんまり意味無いけど,せっかくなんでメモリスペースを使ってみました.
リストファイルにはバックアップしたいファイルをだーっと並べればよし.
ディレクトリを指定すれば,
そのディレクトリ以下も一括してtarボールにしてくれるのでかなり楽.

ここまでやったら,後は適当にcronに登録するだけ.

« 記事多くてごめんなさい | トップページ | wiki »

技術情報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: [ Linux ] ファイルの自動バックアップ:

» cronでの定期バックアップ [Shoulder.jp]

定期的にmysqlのDBをバックアップするためのシェルを作る。

#!/bin/bash/usr/local/mysql/bin/mysq... [続きを読む]

« 記事多くてごめんなさい | トップページ | wiki »