最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 双葉 | トップページ | Google Earth »

2005年9月20日 (火)

メイド喫茶

9月19日敬老の日,秋葉原駅昭和通り口に16:30集合.
14:00に秋葉原に入っていた俺は,一番有名なMailishをチェック.
相変わらず通りの前まで行列が出来る人気だ.
並んでいる人も,見るからにオタク全開だ.
この企画,思ったよりきついかも.

今回,メイド喫茶なんて秋葉原に行けば
ゴロゴロあるだろうと高をくくっていったのだが,
実際探してみるとこれが案外見つからない.
結局集合時間までに見つけられたのは例のMailishともう一軒だけ.
(名前は知らん)

とりあえずメイドカフェを探しに3人で散策.
前々日にオープンしたてのヨドバシは
1階から最上階まで芋洗い状態の一歩手前.
別に安いものなんてないし,早めに脱出.
それにしても秋葉原自体,結構変わっちゃったなぁ.
ビルが林立して,道路も新しく通されて…数年前とはかなり違った雰囲気.

結構歩き回ったけど,こぢんまりした店舗の中ですでに世界を作り上げちゃってる感じで,
見つけてもかなり入りにくい雰囲気の店が多数.
いくら何でもあそこに入っていく勇気はねぇ…

17時過ぎ,もういい加減店を決めないとキリがないってことで,
俊ポコおすすめのDQNの殿堂5F(だっけ?)へ向かう.
90~120分待ちとか意味不明なことを言われるも,
とりあえず予約は出来るようなので,ここで決定.

待ち時間が結構あるので,他の店を探しつつ,ジョナサンで夕食.
戻って約20分ほどで入場.ここね.

まずはカウンターで食べ物をオーダー.
ビールが1000円だったりして,フード系はかなりの高額.
つーか,ありえんでしょ,ビール1000円て…
とりあえずカフェオレ,ガムシロ付き500円をオーダーしてカウンターで待機.

周りを見渡すと,割とこの店はオタクっぽい人よりも,
渋谷系の若者が多い感じ.
恐らく俺らみたいに,一度偵察に来たんだろうなぁ.
店員も普通に綺麗系とか可愛い系が多かった.
ここら辺,結構以外なところだね.
まぁもちろん痛い系もいたにはいたけど.

とりあえずうちらがいた30分くらいの間に出入りした人はこんな感じだ.
まず,俺の背後にいたのは,20くらいの男.一人.
何故かひたすら折り紙を折っていた.
それってプレゼント? なんか近寄りがたい雰囲気を醸し出していたな.

その隣も男で一人,同年代くらい.
何してたかなぁ? あんまり印象がない.

その隣はスーツのにいちゃん,一人.
見た感じ普通なんだけど,一人で来てメイドさんとプリクラを撮っていた.
ちなみに,メイドさんとプリクラを撮るのは一回1000円だそうだ.
プリクラ撮った後はすごく満足そうに店を後にしていた.

その隣はカップルかな? 割と普通な感じだけど,
男の方がアキバ系といわれればそんな感じがしないでもない.
3分500円でメイドさんとゲームが出来るシステムなんだけど,
3人で楽しんでいました.

今度はうちらのいた列.
俺が一番奥で,次によん,よっしの順だったんだけど,
入ってすぐによっしの隣に座ったのが女の子2人連れ.
見た感じ普通というか,結構可愛い系だとおもう.

入れ替わりで座ったのが男2人連れ,アキバ系.
あんまり見てなかったので,この2人に関しては情報無し.

その隣が男一人,アキバ系.
メイドさんと1:1でUnoをしてた.
2人でUnoって…おもしろいのか?
どうやら結構長い間ってたらしく,
「今日は1勝3敗なんですよ~」
だって.
相当気合い入ってるな…
3回ほどゲームをやっていた.

入って10分ほどすると,メイドさんがカフェオレを持ってやってきた.
「*番の半券をお持ちのご主人様~」
なるほどね,メイドだからご主人様な訳か.
持ってきたのはプラスチックカップに入ったコーヒー.
まずはよっしからだ.

「シロップ入れても良いですか?ご主人様」
近い…距離にして30センチ無い程度だ.
「あ,お願いします」
そう言うと,メイドさんはカップを開けてシロップを入れ,かき混ぜてくれる.
なんというか…ただひたすら気まずい.
ものすごく目のやり場に困る.
なんなんだ?この気まずさは…
これが"萌え"の感覚なのか?
多分そうなんだろう,多分…

この儀式が終わると,そそくさとメイドさんはいなくなってしまう.
結局メイドさんと接触があったのはこの時だけだ.
後は放置…まぁ当たり前か.
入店から30分ほど,コーヒーも飲み終わったので店を後にする.
「いってらっしゃいませ,ご主人様」
どうせ言うなら,もっとしっかり言え!

今回の企画,ただひたすらペースを乱されて終わりみたいな,
そんな感じだった.
なんと言っても,とにかく居心地が悪い.
どう言って良いのか分からないけど,
行動が全て制限されているようなそんな居心地悪さといったらいいのだろうか?
カフェって寛ぐところなのに,それが許されない,そんな拘束感が常にしている.
人によって感じ方は違うだろうが,一度行ってみたらみんな味わえると思うよ.

とにかく,俺にとってメイド喫茶は居心地の悪い場所.
ある意味罰ゲームだよな.
それが味わえただけでも,今回の企画は成功ということで.
間違ってももう通いたいなんて思いません.

« 双葉 | トップページ | Google Earth »

マニアック」カテゴリの記事

コメント

うちらが行った所のバイトの時給は850円だそうです。
意外と安い賃金で働いてるんですね。
明らかに精神的疲労が大きいと思うのですが。
あの時給とあの文化祭ちっくな安っぽい店内から
なぜビールで1000円も取れるんでしょうかね?

ボッタクリとはまさにこの事なのかもしれません。

ぼったくりにしては,値段がしょぼいけどねw
秋葉原って言う土地柄からしても,
店員はコスプレが嫌いでは無さそうだよね.
むしろ好きでやってる感じじゃないのかな?

それだったら,多少精神的にきつくても,
自分の好きな服が着られるんだったら働くんじゃないの?
まぁそこら辺の価値観がうちらには分からないわけだが.

ある意味Give&Takeがうまいこと作用してるんじゃないのかな.
そこら辺,聴いてみたいけど…そんな野暮なことするなって感じなんだろうね.

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: メイド喫茶:

« 双葉 | トップページ | Google Earth »