最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 几号水準点 神楽坂善国寺 (新宿区神楽坂) @ 11/7 | トップページ | 几号水準点 市ヶ谷八幡宮 (新宿区市谷八幡町) @ 11/8 »

2005年11月 9日 (水)

Deeper Street 木曜日

恐らく相当コアなリスナーだったら知っているであろう番組.
放送時期は1997年10月2日~1999年3月25日だそうなので,
丁度俺らと同じ年代だったら大学受験で夜遅くまでラジオを
付けていたりすると,一度は聴いたことがあるんじゃないかな.

この番組は,26時~29時(翌日2~5時)っていう相当コアな時間に,
JFN系列(東京だとTFMとか)と基本的にノーマークな局での放送なのに,
未だにこれだけ人気があるのはなんでだろう?

パーソナリティは浅川悠とオフサイド大西.
こういっちゃ何だが,一般的には2人とも超マイナー.
この時代(と言うか今でもそうだが),
声優の出る番組=アニメ番組
と言う図式が自然とできあがっていた.
パーソナリティの浅川は声優らしいが,この番組はアニメ色は全くなく,
どちらかというとトークとコーナーという正統派深夜ラジオ番組であった.

この番組の魅力は何だろうか?
と聴かれれば2人の掛け合いのおもしろさと,
深夜ならではのテンションがそのまま続いていること,
そしてこの時間帯だと他では味わえない雰囲気があったからだろうか.
裏番組と言えばLFのオールナイト一部,KRのUP's等.
もう少し時間が下れば,ラジオ深夜便とか歌うヘッドライト
(違うかもしれないけど,大体そんな感じの番組であったのは間違いないかと)
みたいに,演歌中心の渋い時間帯の中にあって,
若者のオアシス的存在だったのかもしれない.
丁度25時からの深夜第一部が終わって寂しいときに聴いたら,
ずっと聞き入ってしまうような魅力があったと思う.

そんな時間的な要素と雰囲気がマッチした
って言うのももちろん魅力の一つだが,
コーナーのおもしろさも要素としては大きいと思う.
あの時間にしては相当面白い企画がたくさんあった気がする.

で,なんでこんなことを急に言い出したかというと,
peercastYellowPageを見てたら放送されてたから.
数年ぶりに聴いたけど,ホント懐かしいね~
懐かしいーと思った人はすぐpeercastをインストールだ.

« 几号水準点 神楽坂善国寺 (新宿区神楽坂) @ 11/7 | トップページ | 几号水準点 市ヶ谷八幡宮 (新宿区市谷八幡町) @ 11/8 »

メディア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Deeper Street 木曜日:

« 几号水準点 神楽坂善国寺 (新宿区神楽坂) @ 11/7 | トップページ | 几号水準点 市ヶ谷八幡宮 (新宿区市谷八幡町) @ 11/8 »