最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« CPU換装 | トップページ | 部署飲み »

2006年1月30日 (月)

貴重な体験

金曜に職場の人とサシで飲みに行ったんだけど,
非常に貴重な体験を2つしてきましたw

1.女の人から声をかけられる
2.店員に電話番号を...

気になるでしょ?w

1.女の人から声をかけられる

何だかんだで飲みに行くことになり,チームリーダーに以前薦められた店へ.
小さな店で,15人も入ったらいっぱいになりそうな店だ.
席に着くと,店の真ん中当たりでこっちをじっと見つめる女の人を発見.
年の頃40後半から50前半,見た感じお水っぽい感じのおばちゃんだ.
どうやらずっと飲んでいたらしく相当べろべろだ.

なんか嫌だなぁなどと感じながら,とりあえず乾杯.
話でもしようかと思った瞬間,
「ねぇねぇ,おにいさん~」
きた…きたよ…
「2人の間に入って良い~?」
あまりにあり得ないオファーにしばし固まる.

「いや,今日初めて飲みに来たから2人で飲ませてよ」
「イイじゃない~」
本当に怖い.
もちろん,20くらいのおねぇさんに言われたら即OKなのだが,
流石に50の怖いおばちゃんじゃ無理.
1人でつまんなさそうだから,一緒に飲むくらい…とか妥協しそうになるが,
折角なので色々話したいし,何より身の危険を感じるw

何とか諦めさせて,飲みを再開するが,
ずっとこっちを見られてるだけに,話に集中なんて出来ない.
こんなに居心地の悪い飲みは初めてだ.
回りを観察してると,どうやらこの怖いおばちゃん,初めて来たらしい.
この手の人は出入り禁止になるから,どこの店も初めてなんだよ…と先輩.
店のおばちゃんもかなり手を焼いている様子だった.

2人で飲んでる間,どうやらおばちゃんが暴れているような雰囲気を感じる.
酒でも飛んできそうな…そんな…酒を飲む雰囲気ではない.
いつ話しかけられるか…いつ酒をかけられるか…
そんな感じ…修羅場だ.

入って30分くらい経った頃,常連ぽいおっちゃん登場.
おっちゃんも50くらいだろうか?
もうかなり飲んでるらしく,怖いおばちゃんに絡み出した.
これで一安心かと思ったが,話し始めて10分後くらい,
急におっちゃんが立ち上がり,怖いおばちゃんにキスし始めた…

あまりのおぞましい光景に,うちら2人とも動きが止まる.
おばちゃんがいやがったので,すぐにやめたようだが,
かなり引く光景である.
拒否されたおっちゃんは何故か呆然としている.

それから10分くらい店にいたが,
あまりの居心地の悪さに店を変えることに.
店のおばちゃんは申し訳なさそうな顔をしていたけど,
流石にもう酒を飲む気分ではない.
帰り際,おっちゃんが
「申し訳ないことをしたねー,俺にツケといてくれ!」
なんて言ってたが,めんどいことは嫌なのでさっさと出る.

正直…当分行かないだろうなぁ~
まぁ面白い経験をさせてもらいました…

2.店員に電話番号を...

to be continued...

« CPU換装 | トップページ | 部署飲み »

飲み」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 貴重な体験:

« CPU換装 | トップページ | 部署飲み »