最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« USB Hub | トップページ | Sisselかと思ったら »

2006年3月 5日 (日)

[ Hardware ] 不良コンデンサの張り替え

ずっと書くのを忘れてた物件です.
今更って感じはあるけど,一応…
まずパラメータから.

○M/B : Abit BE6
BE6-IIは比較的情報が載ってるけど,この機種はあんまり無いよう.
この板を買ったのは,Slot1もなくなりつつある感じの時だったから,
実際にはあんまり流通してなかったのかも知れないね.

○問題のコンデンサ : Jackcon 6.3V 1500μF 8φx20L (低ERP)
いつのまにやら膨張したり,変な汁が漏れてたりします.
原因は電解液の不良らしいね.
そんなわけで,同時期に複数のメーカーから
同じ症状のコンデンサが見つかったというわけ.
ちなみにBE6にはこんな感じでついてます.
06030501.jpg

○張り替えるコンデンサ : 日本ケミコン KZH 6.3V 1500μF 8φx20L
山王電子の親父曰く新製品らしい.
ちなみに,6.3V 1500μFの低ERPって10φが標準らしいけど,
8φじゃないとつきません.
そこの所は注意が必要だね.

というわけで,作業に入っていきましょう~

○まず,ダメなやつを剥がす
裏から見るとこの通り
06030502.jpg
ランドが小さいので,低容量の半田ごてで大丈夫かと思うけど,
実際は多層基盤なので,全然半田が融けません.
それなりの容量のやつが良いかもしれないね.
取り方は…まぁ別に書かなくても良いでしょう.
半田を綺麗にしてから引き抜くも良し,
ランドを暖めながら,片方ずつ力を加えつつ抜くも良し.

○綺麗にする
漏れた電解液をほっとくと基板が腐食するらしいので,
綺麗にクリーニングします.
俺は綿棒にアルコールを付けて拭きました.
結構落ちるもんなのね.
綺麗にするとこんな感じ.
06030503.jpg06030504.jpg

○新しいのを付ける
新しいコンデンサを付けましょう.
付け方は…極性に注意すれば普通にやって大丈夫じゃないかな.
まぁ,電解コンデンサは一般的に白い方がマイナスって決まってるから,
それだけ注意すれば難しいことは無し.
俺の場合は,スルーホールが綺麗に貫通してなかったので,
足を片方ずつ半田を溶かしながら挿入していきました.
全部付け終わるとこんな感じ.
06030505.jpg
うん,割と綺麗にいったね.

○取り外したコンデンサ
こんな感じ.
06030506.jpg
けっこー派手にイっちゃってます.
良くこれで動いてたもんだ…

そんなわけで一件落着.
今のところ問題なく動作してるんで,成功だったのかな~
ちゃんとした道具をそろえて,慣れれば簡単に終わりそう.
俺の場合,道具が良くなかったので2時間くらいかかったかも.
半田の熱容量だけはしっかりしておいた方が良いと思うね.

« USB Hub | トップページ | Sisselかと思ったら »

技術情報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: [ Hardware ] 不良コンデンサの張り替え:

« USB Hub | トップページ | Sisselかと思ったら »