最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« Interop 総括 | トップページ | 会津 @ 3/20 »

2006年6月12日 (月)

Vista β2 test1

とうとうVistaβ2が一般向けに配布されたと言うことで,
休みを使って色々といじってみた.

ちなみに,サイトはここ
シリアルを入手するために正式登録が必要(無料).
DLも出来るが,相当混み合ってるようなので,torrentで落とすのが賢明.
3.5GB位のデータを落とすのだが,MSのサイトだと数百Kbps.
torrentだと数十Mbps.

○boot関連
WinXP + FC5のデュアルブート環境のところに,
25GBばかし空き容量を作ってインストールしてみた.
インストールは特に問題なく済んだものの,
新しくインストールされたVista用のbootloaderではFC5の項目が無い.
つーか,grubも無くなってしまったよう.
MSらしく,しっかり消してくれたようだ.

とりあえずFC5インストールディスクからlinux rescueでbootし,
# chroot /mnt/sysimage
# grub-install /dev/sda
でgrubを復旧.

これでgrub.confを書き換えて,
VistaのbootloaderでXPの設定を消してやれば済むかと思いきや,
grubでXP/Vistaどちらのパーティションを選択しても,
Vista用bootloaderへ行くことが判明.

このままではXP/Vistaを立ち上げるのに,
2回もbootloaderを通らなきゃいけなくて気持ち悪いので,
Vista用bootloaderを消すことに.

XPのインストールディスクから回復コンソールで起動.
fixbootをやると,grubからXPが立ち上がるものの,
Vistaは立ち上がらない状態に.
どうやら,2重ブートローダは我慢するしかないようだ.

Vistaのインストールディスクから,
/boot/bootsect /nt60 all
でブートローダを元に戻し,VistaBootProで設定して終了.
BCDなんてシステム導入するから気持ち悪いことになるんだよ…
製品版の時までには改善して欲しいね.

○Aero
まだまだドライバ回りは完全ではないと見えて,画面がフラッシュしたり,
モッサリ動くことはあるけど,それなりに快適に動作しているよう.
全体的にmiddle-high~high-lowあたりのスペックながら,
デバイスをバランス良くそろえたせいか,特に問題無さそう.
ただ,メモリは512MBじゃちょっと少ないようだけどね.

Vistaから搭載されるAero Glassだけど,やっぱり結構見栄えは良い.
一度は体感して損はないかと.

○デバイス回り
まだ対応ドライバが出そろってないので,何ともいえないが,
XP用ドライバを入れても正しくインストール出来ない場合あり.
ま,正式対応してないから仕方ないんだが…
画面回り以外なら割と素直には入っていきそうだね.

○GUI
OSが変わればある程度操作感が変わっても仕方ないけど,
今回は随分と馴染めない感じがする.
それなりにアプリがそろってきて,快適になってくればいいかもしれないけど,
今までの感じで直感的に操作できるまでにちょっと時間がかかりそうだ.

また何か気づいたら書きます.

« Interop 総括 | トップページ | 会津 @ 3/20 »

PC / サーバ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Vista β2 test1:

« Interop 総括 | トップページ | 会津 @ 3/20 »