最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« フられた... | トップページ | RSSリーダを入れてみた »

2006年7月11日 (火)

真面目な話をしてみる

今度は北朝鮮ミサイル問題.
この話,いろいろと本音が聞けておもしろいなぁと.

○国内

発射前の敵地攻撃に否定的見解 小沢代表 (毎日新聞)

 民主党の小沢一郎代表は11日の記者会見で、北朝鮮の弾道ミサイル発射をめぐる政府内の敵地攻撃能力保有論について「日本に対して撃てば自衛権の発動だが、(日本を)攻撃もしていないのに(こちらから攻撃は)できない」と述べ、発射前の敵地攻撃に否定的な見解を示した。

 また「雑ぱくな意見はよくない。敵をどうやって決めるのか。敵と決めた途端に戦わなければならなくなる。大事な立場にある人は、国全体のことをよく考えて発言しなければならない」と、保有論を展開した安倍晋三官房長官や額賀福志郎防衛庁長官らを批判した。

本土で被害が出ない限り,日本は何もしない的な考えは,
朝鮮・中国をつけあがらせるだけなのを理解して欲しいものである.
「発射前の敵地攻撃」について,閣僚が必要性を認めたのは,
日本にとってかなり画期的なことだと思う.
普通の国だったら当たり前のことなのだが,
朝鮮にとってはかなりの脅威になるに違いない.
国民だって「平和と水はタダ」的な一昔前の考えは
間違っていることくらい理解してるって.

 社民党の福島瑞穂党首も国会内で記者団に対し「敵地攻撃をやると一気に戦争も起こりかねない」と指摘。共産党の市田忠義書記局長は10日の記者会見で「際限のない軍拡競争になる」と述べた。

ま,こいつらは何言っても仕方ないか…

○韓国

「韓国は最後まで日本とは行動を共にしない」 (朝鮮日報)

内容は敢えて書かないが…
今回の件,一番危険なのは韓国自身のはず.
こんな時でも,日本のことを大好きな韓国的には同調できないらしい.
子供のケンカじゃないんだけど...

「日本の先制攻撃発言は挑発的な問題発言」(朝鮮日報) (毎日新聞)

大統領府「日本の侵略的な体質が表れた」
(以下略)

日本の敵地攻撃論、米でも強い関心=「憲法改正に言及」と米報道官 (時事通信)

(中略)…スノー米大統領報道官は定例記者会見で、…(中略)…
「日本の懸念は理にかなっている」と強調した。

日本に構って欲しくて,青瓦台が「日本必死だなw」って発言したら,
アメリカに「心配するのも正しいよ」って言われちゃって,
どうしようかなみたいな.
ちなみに,青瓦台のコメントとして,
「日本は大騒ぎしすぎ」的な報道のされ方をしているが,
正しい訳は「馬鹿騷ぎを~」だそうだ.
一国の声明として,その品格を疑わざるを得ないものだ.
ちなみにこの青瓦台の発言,韓国内でも相当叩かれてるらしい.

韓国、国連制裁決議案に反対表明 (朝鮮日報)

国連安全保障理事会に米国・日本・英国・フランスなど7カ国が提出した北朝鮮に対する制裁決議案について、韓国政府が事実上の反対表明をしたことで、今後波紋広がるとみられる。

~(中略)~

これに先立ち、外交通商部の秋圭昊(チュ・ギュホ)スポークスマンは外国メディアのインタビューに対し、「韓国は日本と行動を共にすることはないだろう」と語った。

理事国じゃ無い韓国が反対表明したところで,何が変わるんでしょう?
どうしても日本とアメリカに構って欲しいってのがみえみえで,
そろそろかわいそうなんですけど…何がしたいんだろうね?

« フられた... | トップページ | RSSリーダを入れてみた »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 真面目な話をしてみる:

« フられた... | トップページ | RSSリーダを入れてみた »