最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 4番ピッチャー?? | トップページ | 36協定 »

2006年10月23日 (月)

有間ダム (名栗湖) 洪水吐 @ 10/21

それより、もっと重要な報告があるだろ!
というのはほっといて…(笑
# ま、リクエストがあれば書きますけど。
前号、洪水吐を見てなかったので、見てきました。

堤体とかは、前号を見てもらうことにして…早速。

06102401.jpg 06102402.jpg
洪水吐は、堤体を横断し谷へと回り込んだところにある。
ゲートがないってことは、自由越流式の洪水吐ってことだね。
ロックフィルでは自由越流式の洪水吐ってのはありがちなパターン。
でも、馬蹄形ってのは珍しいかもね。大体は直線形だし。
まぁ珍しいと言えば珍しいか。

この日は満水ではなかったが、
満水時はここから水がトンネルを通って、下の減勢池まで落ちるとのこと。
洪水吐の落ち込む時のRとか、スケールの大きさとか、
ダムの醍醐味と言ったところだろうか。

06102403.jpg 06102404.jpg
この日は肌寒かったが、思いのほか人が多くてびっくり。
着いてすぐくらいはそんなに人もいなかったが、
時間が経つにつれ人が集まってきてガヤガヤ。

地形のせいもあるのだろうか、
有間ダムは人が少なければ、本当に無音の世界になる。
前に行ってから随分経つが、
久しぶりに無音なところで遠くでも見つめて過ごそうかと思ったけど、
そんな雰囲気も無くなってしまい…
結局1時間半ほどいて帰ってきてしまった。

今度は、平日にでも行ってみるかな。

ちなみに、帰りは主要地方道53号で山伏峠を抜けて
R299で帰ってきましたとさ。

[map:35.926573,139.149173]

↑地図からも見て取れるように、名栗側は結構やばい線形。
逆に、秩父側はほぼ直線という特徴のある県道だ。
一部離合(←九州限定の方の意味)が困難な箇所があるので、
それなりに運転に慣れた人じゃないときついかも。
# 実際名栗側の登りの時に、20台近く引き連れちゃった車に
# すれ違っちゃったし(笑
# 多分譲るに譲れなかったんだろうね…かわいそうに。

芝桜の時期はR299がどうにもならなくなるので、
そんなときの抜け道としては良いかもね。
でも、夜はきついと思うけど…

« 4番ピッチャー?? | トップページ | 36協定 »

ダム」カテゴリの記事

コメント

しつもーん!
ダム穴探しの旅とかはしないのですか?

ダム穴って、要するに自由越流式の(非)常用洪水吐だから、
ここで紹介してるのと同じですよ??

ああいう丸いのは、日本じゃあまり見られないみたいだけど。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 有間ダム (名栗湖) 洪水吐 @ 10/21:

« 4番ピッチャー?? | トップページ | 36協定 »