最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« そしてお台場 | トップページ | ESEC 2007 »

2007年5月16日 (水)

几号水準点 図師熊野神社 (町田市図師町) @ 5/13

久しぶりに几号であります。

情報はお馴染みここから。
図師は、うちから町田・相模原方面に抜けるときに良く通る辺り。
割とよく知ってる辺りだったので、
暇つぶしがてらフラッと行ってきてみた。
詳しい場所は↓ね。


大きな地図で見る


都道57号から、ちょっと入ったところに見えるこぢんまりした本堂。


階段を上りきって左を見ると、すぐ3基の石塔がある。


写真中央の常夜灯、その台座に几号が刻まれている。


几号の大きさは、一般的なものと大差ないものの、
彫刻の深さは、他とは一線を画す。
彫ったというより、傷つけたと言ったくらいだろうか?

どのように使用されたかは定かではないが、
実際には使用されなかったもののような気がする。
この石灯籠自体も、以前からこの場所にあったとは思えず、
正直、どういう謂われのあるものなのかも不明である。

詳細を知るには、付近を調べてみるのも良いかもしれないが、
どうもこの神社、人がいる感じが全くしない…

んーなんか微妙ですねぇ、この物件…
ちょっと消化不良ではあります。

« そしてお台場 | トップページ | ESEC 2007 »

史跡 / 戦跡」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 几号水準点 図師熊野神社 (町田市図師町) @ 5/13:

« そしてお台場 | トップページ | ESEC 2007 »