最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 広島→尾道→倉敷 @ 9/5 | トップページ | そしてお台場 »

2007年5月13日 (日)

うちのいなか

先週行ってきたうちのいなか。
何枚か写真撮ってきたので、載せてみるよ。
ちなみに、Google Mapで見てみると↓。
これ、一応都内だぜ?(笑
07051301.jpg

ここまでの道のりを簡単に紹介すると、
家から車で約1時間半、急坂を車で10分、山道を15分。

途中の急坂は、斜度30度(あくまで体感ね)はありそうな道。
車1台分の幅しかない上に、山道だから九十九折りだし、
かなり急なので、アクセルはベタ踏み。
下手に止まろうものなら、タイヤが空転して再発進はできず、
対向車が来ようものなら、すれ違いなど無理。
ハンドル操作を少し間違えれば、間違いなく谷底という、
初めての人には絶対お勧めできない道なのです(笑

家の前から見上げて一枚。
07051302.jpg
この写真を見る限り、倉沢に似てる感じはするけど、
こっちはちゃんと現役です。

07051303.jpg 07051304.jpg
家からの眺め。
標高は高いし、回りが開けてるので、眺めは相当イイ。
たまに来るから良いんだろうけど、毎日だったら飽きるんだろうなぁ…

07051305.jpg
俺の柿の木。
俺が小学生の頃、何気なく捨てた柿の種から芽が出て、
ここまで大きくなりました。樹齢20年てとこかな。
元々、今住んでる家の前に植わってたんだけど、
大きくなりそうだったので、こっちに持ってきたんだよなー
なんかちょっと感慨深かったりしてね。

07051306.jpg
五右衛門風呂。
中々みんな入ったこと無いんじゃないかなー
子供の頃は何度か入ったけど、
最近はいなかに行くことも少なくなってたから、全然だけど…

写真後ろの一角が風呂で、五右衛門風呂もあそこに入ってたんだけど、
残念ながら錆びて穴が開いちゃったらしく、取り替えてる最中でした。
だから、煉瓦とかが散乱してるんだけどね。

07051307.jpg
元々古い家なので、家の横にはこんな石碑が建ってたりします。
調べてみると、文政十年とか嘉永七年とか彫られている。
文政十(1827)年は西郷隆盛が生まれた年、
嘉永七(1854)年はペリーが再来航した年だそうな。
内容からすると、水子供養塔なのかな。
中々歴史が感じられるね。
次行ったら、色々調べてみよー

07051308.jpg 07051309.jpg
家の裏手にまわり、道を下りていくと、井戸がある。
いわゆる井戸って感じではなくて、湧水を溜めてあるって感じ。
中からはかえるの無く声が聞こえてくる。
この井戸の主だそうだ。

この日は強い風もなく、都会の雑音とは無縁の世界。
ボケーっとしてると、風に揺れる葉の音だけが聞こえてくる。
すごく優雅な一時だよね(笑

07051310.jpg
そして、今回の目的。
一般的には、ここまで大きくなったのって食べないと思うんだけど、
うちの場合はこれでもまだ小さい方。
筍って成長するに従って固くてえぐくなっちゃうんだけど、
しっかりアク抜きして煮込めば、結構おいしく食べられるのだ。

このくらいの大きさの筍を全部で6~7本採って帰ってきました。
今年は時期が遅めだけど、割と多く出てるんじゃないかなー

最近いなかからは足が遠のいてたけど、
結構いろいろと面白そうなものはいっぱいあるみたいだね。

« 広島→尾道→倉敷 @ 9/5 | トップページ | そしてお台場 »

日記 / おうち」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: うちのいなか:

« 広島→尾道→倉敷 @ 9/5 | トップページ | そしてお台場 »