最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 勘違い | トップページ | 飲み過ぎ »

2008年2月23日 (土)

メイド喫茶 その2

前回メイドカフェに行ったのが、2005年の9月20日。
ブランク2年半と言ったところ。

今回は、会社の同期計6人と。いつも昼飯を食べてる仲間中心。
ちょっと多いけど、この人数だとどこに入ってもなんとかなる感じ。
女の子もいるし。
ちなみに、案内は秋葉マスターの同期伊藤ちゃん。
専攻はメイドじゃなくて18禁だそうな。

目的は、いわゆるそっち系の人がよく行く店に行ってみること。
前回は、みんな勝手がわかってない中で行ったので、
中途半端に終わった感じだったよね。
今度は頻繁じゃないにしても、何度か行ったことがある人がいるから、
それなりの店に入れるんじゃないかって言う期待を織り込みつつ…ね。

会社を定時に上げて、秋葉原に向かう。
向かう先は予定ではCure Maidだったけど、
リーダー曰く普通のカフェレベルだとか。
それじゃ物足りないから、
ハイレベルな店もバックアップとしてプランニング。

19時過ぎ、全員到着。
まず、ハイレベルな店というわけで、Mailishへ。

Mailish
実は前回の時も物色してたんだね、俺。
さすがに金曜の割と早い時間だけあって、
混みようはそんなでもない。
外から一目見た感じ、正直どんなもんだか検討がつかない。
始め渋ってた数人も、入ってもいいよってな感じ。

そんなわけで、とりあえず並び始める。
待ってるのは1人だけ。
すぐ入れるかなと思っていた矢先、
中から出てきた店員に、一同ズッコケ。

アニメdayらしく、アニメ系のコスプレをしているみたいだけど、
何より格好がスゴイ。
あり得ない髪の色に、重力に逆らったスカートの角度…
もうダメだったね、大爆笑。
笑っちゃいけないんだろうけど、大爆笑。
普通に対応なんかできない…

そんなわけで、あえなく一時退散。

Cure Maid
そんなわけで逃げ帰ってきた一行は、
とりあえずCure Maidから馴らしてみることにする。

エレベータを上がって入った店内は、意外と普通。
店の内装は、18禁系のポスターが多いけど、
普通の喫茶店を丁寧にして、店員にメイド服着せた程度。
メイドも普通。Mailishのコスプレを見ている一行としては、
正直拍子抜け。

それにしても、居心地が悪い。
普通の店なら、多少店員との話もできるけど、
ここはそういったことが全く期待できない。
リーダー曰く、自分の世界に入れるから癒される…
らしいけど、こっちとしては我慢を強いられているようで、
正直つまらない。
普通の喫茶店とここと、どっちが良いかと言われれば、
間違いなく普通の喫茶店選ぶね。

ちなみに、客層は割と普通。
会社帰りのサラリーマン風もいたし、カップルとかもいたし。
んー何を求めているかにもよるけど、正直もう行かないなぁ。

一同全くの不完全燃焼に、一度は撤退したMailishへ再挑戦。

○Mailish その2
もうみんなツボに填ってはいるが、何とか笑いをかみ殺して店へ。
舞い戻ってみれば、既に数人並んでいる。
6人という大人数もあって、入れたのは30分後くらい。

一行は、中央寄りのテーブルに案内された。
中はまぁ確かにメイドカフェ。
2年前に行ったのと同じ、文化祭風の店内だ。

何で笑えるのか分かんないが、
とにかく笑いをかみ殺して一通り注文。
周りを見回してみると、客は会社帰りのサラリーマンが大半。
大体が二人用のテーブルに一人で座っていた。

さっきの店と違って、それなりに店員との絡みもあるよう。
と言っても、やっぱり秋葉だなって感じ。
視線を合わせずに、たどたどしく二言三言交わす感じ。
かなりの挙動不審さ加減である。

3~40の怪しいオッサンが、
我関せずといった感じで携帯を弄りつつ、
話しかけて欲しそうにチラチラメイドを見ている…正直気持ち悪い。
なんか行動パターンがシャイな中高生レベル。

更にみんな二人席に一人で座ってるから、
自ずとみんな店の中心を見る格好に。
俺らからすれば、
壁際に座ってる客はみんなこっちを向いているわけで…
一度はあの異様な雰囲気は味わってみて損はナシ。

このまま終わるのもつまらないので、
ちょっとメイドさんひっつかまえて話してみた。
印象としては、視線の合わなさ加減は秋葉っぽい感じだったけど、
さっきの店とは違って、店員さんはそれなりに話はできるようだ。

うちらが、全く何のコスプレをしているのか分かんないなんて話に、
「どこからお話しすればよいでしょう?全くご存じないですよね?」
みたいな、割と普通の返し。
冷やかしっぽい感じで行ったのに、結構普通に答えてもらえた感じ。
ちょっと申し訳なかったかな…

そんな感じで、普通に話したりしてみたけど、
後で聞いてみると他の客の視線が随分痛かったみたい。
「お前ら、軽々しく話しするなよ!!」
みたいな感じだって。
だから、お前らは…(ry

ま、俺も一歩間違えればあんな感じになってたかも…
って自覚はあるから、正直他人事ではない気もするけど。
今の状態がベストかどうかは知らないけど、
割と俺は周りの人には恵まれているなぁとは思うわけです。

そんなことをしつつ、多分1時間くらいはいたかな。
Cure Maidと比べて、何故か居心地は良いんだよね。
何か抑圧されたモノがないからなのかも知れないが、
イタイという感じはせず、不思議とまったりって感じ。

そんな感じで、両極端なメイドカフェを体験してきました。
人によるけど、どっちも一回は行ってみても良いかなと思うね。
特にMailishに関しては、広い心で行ってみると、結構楽しめるかも。
反対に、イッパイイッパイな感じで行くと、
居心地が悪いだけかも知れない。

ただ…体験として楽しめるわけで、通おうとは思わないよね。
通うんだったら、普通に居酒屋で女の子と話してる方が面白いし。

今回はマスターに連れて行ってもらったってこともあって、
中々良いツアーだったね。
満足満足!

« 勘違い | トップページ | 飲み過ぎ »

マニアック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: メイド喫茶 その2:

« 勘違い | トップページ | 飲み過ぎ »