最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« [ 玄箱 ] hwclockが使えない件 | トップページ | LIM→CUZ @ 9/15 »

2008年2月11日 (月)

NRT→ORD→MIA→LIM @ 9/14

随分寝かしすぎた感のあるペルー旅行。
そろそろ忘れることも出てきそうだから、この際一気に書ききるよ!

○成田空港
一番初めの成田発は18時。
でも、いきなり躓いてもアレなので、15時には成田入りするも、
大方の予想通り遅れてくるE。
いきなり1ペナ(笑

成田でペルーでも使える携帯を借り、
特に問題なく出国まで進む。
順調すぎて流石に早かったので、構内のExcelsiorで乾杯。

夕暮れの成田…
これから地球の裏側まで旅しに行くんだーって考えると、
いやが上にもテンション高くなるよね。
 

○成田/18:05→Chicago O'Hare/15:55 @ AA154
数年ぶりの国際線。
シートは一番後ろから2番目。
アテンダントが忙しそうにあっち行ったりこっち行ったり。
一応シートで暇つぶしができるように、
LCDとジョイスティック風電話が用意されているけど、
イマイチ熱中できないよね。

映画見たり、寝たり、本読んだり…
そんなことしてるうちにシカゴ着。
14時間の旅はかなりきつかった…

○Chicago O'Hare Int'l Airport
シカゴでのトランスファは2時間半。

荷物を一旦受け取り、更に預け、
ATSに乗って国内線ターミナルへ。
荷物の扱いとか、荷物検査のやり方とか、かなり雑。
でも、オペレーションは効率的だよね。
入国審査とか、混んでればうまい具合に捌くし。

時間がそれなりにあったので、軽く腹ごしらえ。
ビッグマックってやたらでかいとか聞いてたけど、
そんなでもないのね。ビックリした。
 

Gateが変更になったりしたけど、ちょっとdelayで出発。

○Chicago O'Hare/18:20→Miami/22:20 @ AA1904
アメリカ国内線。
成田→シカゴにはまだ日本人クルーが乗ってたけど、
今度は外国人クルーだけ。
機内放送も英語だけ。当たり前だけど。
で、ちょっと心細かったりして(笑

"Would you like something to drink?"
って聞かれて、無難に"Tea, please"でも良かったんだけど、
何となく、"Coke, please"なんてかぶれてみたりする。

○Miami Int'l Airport
22時マイアミ着。
時間が遅いこともあって、結構いろんなところが閉まってた。
ここでは、1時間半程度しかなかったから、
店とかが閉まってても、そんなに退屈せずに済んだ。

ゲートの周りには、日本人も結構いたけど、
やっぱりラテン系っぽい人も多かったね。

出国審査が無かったんで、それだけちょっと心配だったけど、
時間通りに出発。

○Miami/23:55→Jorge Chavez (Lima)/04:25(9/15) @ AA2111
機内に乗り込むと、"EXIT"が"SALIDA"になってるし。
機内放送も英語とスペイン語だし。
いやー随分遠くに来たなぁって感じ。
幾分機材も古いみたいだし、ちょっと大丈夫かなぁ…って。

ここから5時間半の旅。
リマに着陸する頃、窓から外を見ると、
オレンジ色の光が点々と散らばっている。
日本みたいに、白い点じゃないところに一抹の不安を覚えるも、
綺麗さにしばし見入ってしまう。

早朝リマ着。
リマとの時差が14時間だから、丸々24時間経った計算…
流石に疲れたけど、不思議と時差ボケはなかったね。
でも、第一目的地のクスコまではまだまだ…

« [ 玄箱 ] hwclockが使えない件 | トップページ | LIM→CUZ @ 9/15 »

旅行 / 散策」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: NRT→ORD→MIA→LIM @ 9/14:

« [ 玄箱 ] hwclockが使えない件 | トップページ | LIM→CUZ @ 9/15 »