最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« ぐるっと in Tokyo Day-4 (6/27) | トップページ | ひねくれた »

2009年7月 7日 (火)

悲しみの聖母

先日、例によってぐるっとで上野の西洋美術館行ってきたけどさ。

常設展にある、
Carlo Dolciの「悲しみの聖母
が、なんかすごく良かった。
吸い込まれるようで、ずっと魅入ってた。

どうやら俺、写実的な宗教画とかが好きなのかもしんない。
正直、印象派とかあんまり良く分かんないし。
キュビスムなんて、ホント全く分かんないし。

ついでに、
その後東京都美術館で、東方書展見てきたけどさ。

仮名が素晴らしすぎ。
圧倒的に多い行書とか、正直良く分かんないかも。
行書だったら、まだ楷書の方が良いし、
隷書とか篆書とかの方が、よっぽど味がある。
それこそ、草書なんて言ったらもう…シビレル

やっぱり、新しいものはまだ分からないっぽいな、今の俺には。

ま、まだ足を突っ込んだくらいだからこの程度だけど、
数年後にはどんな風に変わってるかねぇ。

« ぐるっと in Tokyo Day-4 (6/27) | トップページ | ひねくれた »

Museum / 見学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 悲しみの聖母:

« ぐるっと in Tokyo Day-4 (6/27) | トップページ | ひねくれた »