最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« in KANAGAWA | トップページ | でも、無駄に変わりはない »

2009年11月 1日 (日)

濃い

昼間、
年賀状用に来年の干支の印を押すべく、
ユザワヤ@吉祥寺で印材をゲット。
1.2cm角の青田石、1個65円也。
安いよね~

印袴用に、緞子と紅布をゲットしようと店内を探すけど、
良いものが無いのであきらめる。
つーか、無理に緞子にする必要もないんだが…
ま、雰囲気出したいからなぁ~

帰ってきて、
焼き鳥の仕込み。
包丁が錆び気味で鳥皮がうまく切れなくて難航。
結局、胸、もも、ささみ、手羽、砂肝。
あと、椎茸、ウィンナー、ネギを仕込む。

続いて、七輪の準備。
今日は竹を使って火をつけるも、
普通の木炭はすぐ火が点けど、
備長炭は全然火が点かず…

結局、備長炭が燃えるまでに1時間ほど…
ま、一度備長炭に火が点いてしまえば、
ずっと高温のままだから、後々楽だけどな。
それにしても…中々点かないもんだねぇ…

焼き鳥は言わずもがな。
ささみと胸肉は、やっぱりパサパサ気味だったけど、
もも、手羽、砂肝はアタリ。
やっぱり、油多めの部位の方がうまいね。

いつもの双葉は、結構ガス臭いけど、
こっちは100%木炭だから、変な匂いは無し。
ただ、塩加減が難しいね。
味の素のあじ塩だと、味もそれなりのものになっちゃうから、
自然塩に切り替えてみると、コレが中々。

あとは量。
塩辛いのが好きな俺は、いつも振り過ぎちゃうけど、
もうちょっと抑えればちょうど良いかもなぁ。

で、夜。
ふしぎ発見でポーランドやってるよ情報で途中から見始めるも、
早速印を刻してみたくて、まずはデザインから考えてみる。

来年の干支は「寅」ってことで、
金曜に書道部にある印篆字典から字を拾ってたんだが、
中々良い字体がない。

今回は落款用ではなくてお遊びだから、
朱文で大篆or金文あたりにしても良いかなと思ってはいたけど、
結局小篆あたりに落ち着く。

ま、関防印だと大篆でも良いと思うんだけどな。
今回の「寅」って字、大篆だとなんかちょっとエロくて…

印篆&白文なら、割と簡単に刻せるけど、
今回は結構曲線が多い&小さいから、難易度高め。
ちょっとずつ刻していき、2時間くらい頑張ってから、
印影を確かめてみる。

割と見られる感じではあるけど、印面を見ると全く納得いかず。
とりあえず今日は時間切れで終了。
また近日中に続きを刻す予定。

明日は…車でどっか行ってみようか?

« in KANAGAWA | トップページ | でも、無駄に変わりはない »

日記 / おうち」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 濃い:

« in KANAGAWA | トップページ | でも、無駄に変わりはない »