最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 今日のMVP | トップページ | autumn leaf »

2009年11月14日 (土)

potala

会期は1月までだから、まだ急ぐ必要はないけど、
ちょうど今日一日空いたので、フラッと行ってみた。
これ

仏教は元より興味あるけど、
オリエント博松岡美術館で見たGhandara仏教美術が
意外と興味深かったんで、
チベット仏教も面白いんじゃないかと思って。

そんなにメジャーじゃないから、
結構空いてんじゃないかと思ってたけど、
実際はそこそこ混んでたね。
みんな結構興味あるんだ…知らなかった。

内容に関しては、
ただ見に行くだけでも面白いかも知れないけど、
日本の仏像をそこそこ知ってると、
違いが分かってより面白いと思う。

例えば日本で言う天部の像は、動きのある造形で、
邪鬼を踏みつけているのが多いよね。
もちろんチベット仏教にも似たような像があるんだけど、
邪鬼を踏みつけているのは一緒でも、
動きを感じさせるより、直立不動なものがあったりとか。

他には、日本の仏像と比べると、
の結び方が微妙に違った気がする。
片手は与願印なんだけど、もう片方がいつもと違った気がする。
…俺もそんなに詳しくは知らないから、
どう違うのかは分かんないけど…

そんな小さい違いだけど、違いが分かって面白かったね。

でも、やっぱり一番凄かったのが
「十一面千手千眼観音菩薩立像」。
千手観音といえど、本当に千手な仏像って、見たの初めてかも。
凄かった。感動した。

パンフレットに載ってる、
「カーラチャクラ父母仏立像」
も良かったけど、やっぱり千手観音が一番かな。

あと、パスパ文字の印も面白かったね。
印と言えば、印篆が当然だと思ってたけど、
パスパ文字のものもあるんだねぇ。
字の印象は似てるんだけど、じっくり見ると漢字とは全然違う。
いつか、パスパ文字の印も彫ってみたら面白いかも。

前回のシカン展の反省を活かして、今回は早めに行ったんで、
じっくり回れて良かったね。
予想をかなり超える内容で、俺的には十分満足。

やっぱり、青蔵鉄道に乗って拉薩に行ってみたいですなぁ~

« 今日のMVP | トップページ | autumn leaf »

Museum / 見学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: potala:

« 今日のMVP | トップページ | autumn leaf »