最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 夜桜 | トップページ | 総評:タマホーム »

2010年4月 5日 (月)

総評:兼六土地建物

その5、兼六土地建物。
そろそろ?

○モノ
他のランクと合わせるには、標準より上で見る必要はありそう。
標準だと、それなりの家しかできそうにない。
他企業と比べると安くはなりそうだが、施工力は若干不安。
モノに関しては、ランクの高い部材を使えば良いわけで、
その時に、施工力への不安感と割安感を天秤にかけて、
どちらに傾くかが鍵。

○人
いろいろな人が出てはきたが、そんなに悪い印象はナシ。
そんなに派手に売り込みをかけてくる感じでもない。
大企業に比べると、若干倫理観で劣る印象は受けるものの、
かといってマイナスに働くほどでもない。
若干心配はある程度。

○構造
特に特徴はナシ。いわゆる一般的な構造。
こだわりもそれほどなさそうだし、耐震性とかは普通なのかな。
見に行った現場は、集成材で作っていたが、
普通に総檜でもできるとか。

○デザイン
画一的。
新しいデザインではありそうだけど、
実際に建ててみると、いわゆる普通な感じのインテリア。
ちょっと数年前の雰囲気を漂わせる内装になる。
何でも選べるみたいなのに、何故こうなるのかは不明。
俺はあまり好きではないが、親は好きそうだ。

○総評
贅沢な家造りには合わないものの、
現実的な家造りにはちょうど良いレベルかもしれない。
施工力は平均よりも上だと思うので、
部材を良くすれば豪華な家になる可能性も秘めている。

ただ、施工力・営業力に一抹の不安あり。
安心料を払って大企業にするかは、価格差に依るところ。

○結論
残りはここしかないので、結論も何も無いけど、
ここにしました。

他社と合わせるため、結構良い部材で見積もってもらったが、
にもかかわらず、予想以上に安かったのが理由。

施工も、必要十分なレベルであったし、
近所の状況を見ても実績は十分あったし。

あと、見積もりの詳細さも要因。
ザックリした見積もりだけだと、
何が入っているのか分からないってことで一蹴だったけど、
コンセント1つから、タオル掛け1つまでの
詳細な見積もりが出てきて、
特に問題なさそうだったのが決め手。

この見積もりが出てくるまで、親父は一条一辺倒だったが、
コロッと逝ったね。俺がビビルくらい簡単に。
随分と安く抑えられそうなおかげで、1部屋くらい増やせそう。
そのあたりも、一条にしなかったメリットだね。
# 一条だったら、延床で値段が決まってくるから、
# 1部屋増やそうとすると普通の2~3倍は高くなる。

でも家造りは、ここからが本番。
「やっぱりダメでした...orz」
ってならないように頑張って欲しいなぁ。

« 夜桜 | トップページ | 総評:タマホーム »

住宅」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 総評:兼六土地建物:

« 夜桜 | トップページ | 総評:タマホーム »