最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« しすぷり | トップページ | 片付いたか »

2010年7月18日 (日)

房総

梅雨も開けたし、いきなり夏だね!
ってことで、先日ゲットしたTalexの試運転も兼ねて、
軽ーく房総半島なんぞに行ってみました。

車で行くと都心を突っ切らなきゃならない…
という心理的作用もあって、随分遠いイメージ。
でも調べてみると、意外と遠いようで近い房総。
半島の中心辺りにある養老まででも、
三鷹からたった100kmという距離だったりしてね。

そんなわけで、写真はこちら

8時三鷹出発。
青梅街道を通って、新宿のど真ん中を突っ切り、
皇居は和田倉門から銀座を抜けて、ねずみーランドを横目に…
っと、すでに千葉。
京浜工業地帯へのルートってのもあって、
トラックの多さに圧倒されつつも、
蘇我から姉ヶ崎あたりは工場も多く、
製鉄所の高炉にテンション上がりつつ。

三鷹を出発して3時間程で、
あたりの景色は一気に田舎の雰囲気に。
そろそろ飯でも…と、
金谷のあたりで見つけたドライブイン的な店に入る。

ここが結構アタリで、
俺は貝の五種かき揚丼大盛りを食って相当満足。
その他の料理も、十分満足行くような内容。
天気も晴れだし、景色も中々に抜群で、
これで酒のんで隣の温泉に入って寝たら最高…

食事の後は更に南下。
そのまま館山に行くか、鴨川に抜けるか、
もしくは養老まで登って行くか…
ってのは、結構な悩みどころだったけど、
館山に行くと遅くなりそうだったので、勢いで鴨川方面へ。

房総なんで、起伏はそれほどない中を、
ゆったりと楽しみつつ、鴨川へ。
その後は、思いつきでやっぱり養老方面へ。

ナビでも勧めるような道だと思って甘く見ていたけど、
全線の半分は1車線てレベルの、
初心者だったら半泣きになりかねない道を行く。

途中、四方木辺りで「不動の滝」ってのを発見。
駐車場もあるってんで、入っていってみたところ…
道が殺人的に狭い。

軽でも狭いと感じるレベルの道を、ノアで入っていくんだから、
それはそれは狭いわ。
立ち往生したら、バックでもどるのも覚悟しつつ、
でも幸いにも対向車とも会わず、なんとか一番奥へ。

予想通り、マイナーな滝らしく、
他に客らしき人もいず。
でも、その分堪能できたね。
顔洗えば超気持ちいいし。

更に登りつつ、養老で温泉に入る。
ちょっと中心からは外れにあったせいか、それほど客もいず。
アルカリ泉の温泉を堪能するが、まだ日が高いせいか、
露天風呂だと暑くてすぐ死にそうになる。

結局、カラスの行水並みの短時間でout。
温泉を出ると、ちょうど日も低くなってきて、
空気も涼しくなりつつあり…

夕暮れの中、辺りは田んぼで、小湊鐵道の路盤も草生して…
それはそれは雰囲気の良さは抜群。
どうしても気になり、養老温泉駅を見に行ってみたけど、
駅前の雰囲気にしても、駅の建屋にしても素晴らしい。
これは近々列車で再訪せねば…と心に決める。

夜は、ベタなファミレスでベタなハンバーグとかが食いたくなり、
結局浦安のガストでハンバーグ&竜田揚げをバカ食い。
せっかくなんで、パフェまで注文してみて、それはそれは満足。

そんなわけで、帰ってきたのが11時半頃。
なんとなく、房総方面で…ってくらいしか決めてなかったけど、
意外と楽しめる&うまくいくもんだね。
ベタな休日の過ごし方ってのも、中々良いな。

そう、Talexだけどさ、やっぱ良かったよ。
前のおもちゃは、歪んでたせいで酔ったりしてたけど、
今度のやつはそんなことも全然ない。
コーティングもちゃんとしてるから、
反射でまぶしいこともない。

ゴルフだとか、釣りだけじゃなく、
旅行とかドライブとかでも、いろんなシーンで使えそうだね。
多少高かったけど、十分満足。

« しすぷり | トップページ | 片付いたか »

旅行 / 散策」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 房総:

« しすぷり | トップページ | 片付いたか »