最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 美 in my | トップページ | 保険 »

2011年10月24日 (月)

武蔵野台地の大集落と中期縄文人の社会

相変わらず、Facebookの使い方が分かんない今日この頃。
今日はね、標記の講演会に行ってきたのでした。

今年からボチボチと、公共機関の講演会とかに
顔を出すようにしてるけどさ。
まぁ、特にこういう講演会なんて、お爺ちゃんお婆ちゃんばっかだよね。
若い人なんて、ほとんど居ないよね。
いたとしても、ちょっと変わってそうな人ばっかだよね。
俺も含めて。

どうも三鷹市的には、遺跡とかが比較的いっぱいある、
縄文時代押しらしくてさ。
他にも、面白そうなのが結構あるにはあるんだが、
とりあえずとっかかりにちょうどいいかなと思って、行ってきたのだ。

講師は、名誉教授の肩書きを持つ先生だったけど、
話は随分と雑多であってさw
マジメに聞きに来ると、若干失敗しそうな感じの。

というわけで、深くは分かんなかったんだけどさ。
考古学者って人たちの苦労とか、考え方とか、立場とか、
そういうのはよく分かったかな。

考古学って、基本的に何か発掘されたモノをベースに、
それらの年代とか文化とかを体系立てて説明する学問みたい。

先生も、盛んに
「…これは説明が非常につけづらいんだけど…」
ってコメントしてたけどさ。
結局は、発見されたモノが第一だからさ。
仮設を立てても、説明つかないものが出てくると、
非常に困るんだそうな。

なんか刑事ドラマみたいだよね。
証拠からいろいろと推理するみたいな。

基礎知識が無いのも原因かもだけど、
本題の所で、思ったより収穫はなかったのが本音。
でも、その他のところで、いろいろ知れたのは良かったかな。

やっぱ、専門外の話を聞くってのも、なかなか楽しいもんだよねぇ。

« 美 in my | トップページ | 保険 »

Museum / 見学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 武蔵野台地の大集落と中期縄文人の社会:

« 美 in my | トップページ | 保険 »