最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« プロペラ | トップページ | 中ザワヒデキ展 »

2013年1月14日 (月)

[ Hard ] CPDP-940修理

先週、秋葉でゲットしてきて、
意外と重宝しているポータブルDVDプレーヤ。
でも、ディスクによって読み込みできなかったり、
途中で飛びが発生したりしてたので、
出来る限り修理することに。

おそらく、一部読み込み不良が発生するから、
初期不良扱いで交換したんだろうね。
それを修理して流れてきたと。

物によっては普通に再生できるから、
それで修理パスしたんだろうね。
残念ながら完全に直ってなかったようだけど。

一応、症状をまとめておくと、
・一部のDVDが再生できない
・再生できても、たまに飛びが発生することがある
・どうも、外周の読み込みが正しくできないよう

・レンズクリーニング
レンズを傷つけないように、綿棒を使ってクリーニング。
若干読み込めるようになったような気がするけど、
完全動作には程遠い状態。

・レーザー調整
普通、読み込み不良が発生する場合、レーザー調整するよね。
というわけで、分解してピックアップを取り出し。

予想通り半固定抵抗が2つ、ひとつは"C"、もうひとつは"D"のシルクあり。
DVDが読み込めないので、"D"の方を少しずつずらしながら回してみる。
もちろん回す前に、油性マジックで印をつけておく。

時計回りにも反時計回りにも、5度くらいずつぐらいズラしながら回しても、
悪くなりはしても、良くなる兆候は全くなし。

挙句に、元々読み込めてたDVDも読み込まなくなる始末。

・よく見てみる
仕方ないので、とにかく変なところはないかよく観察してみる。
すると、ピックアップを支持するワイヤの1本が曲がっていた。

これを切断しちゃうと、もうどうしようもないので、
力を加減しながら元に戻していく。
完璧には戻せなかったけど、随分元に戻った所で再度チェック。

これが原因だったようで、
読み込めなかったディスクも読み込めるようになった。
原因は、レーザー強度が正しくなかったわけではなく、
ピックアップの姿勢が正しくなかった模様ってわけだ。

ピックアップの初期不良ってことじゃなければ、
ピックアップに何か引っ掛けたとかで、
ワイヤを曲げちゃったんだろうなぁ。

中々意外な原因。
いろいろ疑って見るのが重要だね。

« プロペラ | トップページ | 中ザワヒデキ展 »

技術情報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: [ Hard ] CPDP-940修理:

« プロペラ | トップページ | 中ザワヒデキ展 »