最近のトラックバック

無料ブログはココログ

マニアック

2013年10月17日 (木)

十三夜

今日は十三夜だそうな。
今は太陽暦だから、月の満ち欠けと日にちは関連がないけど、
最初に暦を作ろうと思ったら、確かに太陰暦になるだろうなぁと。

で、おなじみ深大寺で、「十三夜観月会」なる催しがあったんで、
うまく早めに会社を上がれたら行ってみようと思ってたところ、
幸運にも何とか今日はサッサと上がれそうだったんで、
チャイムが鳴ってすぐに、脱兎のごとく会社を後にしたのでした。

なんとか開始時刻の18時に間に合い、でも残念ながら椅子には座れず、
立ち見で90分だったけど。
見ている人もそれほど多くなく、それなりの会だったなぁと。
プログラムを列挙すると、
天台声明→月の講話→雅楽・謡
ってな具合。

まぁ秋になったなぁって雰囲気が、
多少なりとも感じられたからいいんじゃないかな。
残念ながら、台風一過にも関わらず、
月はぼんやりとしか見えなかったけど。

2013年7月 8日 (月)

扇子入れ

ちょっと前から、ミシンでも買って裁縫でもやってみようかなとは思ってるんだけど、
ミシン買ってすぐ埃かぶるのもなぁと、なかなか踏み出せず。

で、まずは手始めに扇子入れなんかでも作ってみようかと。

布は、カーテンのサンプルがたくさん残ってるから、
中々上質の生地ではあるんだけど、それを流用して。
縫うのは随分と久しぶりだけど、覚えている限りの手縫いで。

型紙とか、ネットで見つかったものを使ってスタートしてみたけど、
中々うまくは縫えないねぇ。
悪戦苦闘しながらも、なんとか作り上げてみたけど…
中々綺麗には見えないよなぁ。

大して縫わないけど、それでも結構大変だったし、
正直手縫いでは高が知れてるかも。

手縫いでは、もうちょっと厳しいかなぁと思うが、
ミシンがあれば手が出るかなぁ…
どうしようか…買ってしまおうか…

2012年11月10日 (土)

Geo caching

先日のWalkingでの影響もあって、
Geo Cachingを地味に始めてみました。
まずは無理をせず、
近場とか、用があって立ち寄ったところからね。

Geo Caching(=GC)とは、街の至る所に隠されたCacheを、
GPSの座標を基に探しだすという遊び。
Cacheは、指の爪ほどのサイズのものから、
自動車のバッテリーほどの大きさのものまでたくさん。
ま、街中にあるのは小さいサイズばかりだけど。

Cacheを隠した人は、Cache ownerと言って、
人によって隠し方が違うのよね。
そういう癖も見破りつつ、探していくのが楽しいのかな。

ちなみに、いろんな人から聞かれるけど、
「探したところで、何かもらえるの?」
って質問。

もらえるのもあるけど、基本は自己満足でしか無いよね。
大体Cacheの中にはログブックってのが入ってて、
できることって、それに記帳するくらい。
そんで、後でネットに報告するくらい。
それに楽しみを見つけられなければ、ハマらないよね。
大多数の人がハマらないとは思うけど。

俺の中では、几号探しと似たような楽しさがあってさ。
GC一本だけだとすぐ飽きちゃいそうだから、
そこそこのハマり具合で続けたいなと。

ちなみに、教えてくれた山岳部のSさん、GCへのハマリっぷりに、
山岳部的にはちょっと困ってる的な情報も得たけどw
ま、GC始めればわかるけど、近くにあるのがわかれば、
どうしてもチェックしたくなるよね。

周りの人にも、嫁にも理解されないGC、
果たしていつまで続くやら…

2012年8月28日 (火)

落語

あんまり会社の中のことは書くなって言われた気もするけど、
直接業務と関係ないからエエだろ…

なんか、今年は会社のEAPプログラムだとかで、
セミナやら何やらやってるみたいだけど、
その一環で落語会をやるんだそうな。
今まで、社内で講演会だのセミナだのはあったけど、
落語ってのは中々無いよな。

前座(?)で、泉水亭錦魚さんで、「お菊の皿」。
続いて、立川龍志さんで「酢豆腐」と「片棒」。
時間で90分てところか。

やっぱ噺家って言うだけあって、話はうまいよねぇ。
二つ目と真打だと、力量の差も結構ハッキリ。
はじめは、会場もあんまり空気があったまってなかった感じで、
笑いもそんなにだったけど、終わる頃にはみんな大笑いしてた。
さすがだよなぁ

俺的にも、生の落語を聞いたのは初めて。
もちろんテレビとかでは見たことあったけど、
生で見ると違うか…とか思ったけど、
違いはあんまり無かったかもな。
空気感みたいなやつは感じられてよかったけど。

中々面白かったなぁ
来年もやらないかなぁ

2012年6月19日 (火)

stamp

つい出来心だったんですよ、暇だったし。

昼前に急遽思い立ち、電車に乗って「都区内フリーきっぷ」を買い。
大崎からスタートして、

大崎→西大井→蒲田→大森→大井町→田町→新橋→有楽町→
東京→越中島→八丁堀→馬喰町→新日本橋→神田→秋葉原→上野→
鶯谷→日暮里→三河島→南千住→金町→亀有→尾久→赤羽→
十条→浮間舟渡→北赤羽→東十条→王子→上中里→田端→西日暮里→
駒込→巣鴨→池袋→板橋

と、計36駅分の駅スタンプを集めたのでしたw

ホントアホだ…
台紙もほぼ尽きかけたし…

まぁ、もうこんなことしないだろうし、いい経験になったってことで。
つーか、西大井とか、浮間舟渡とか、まず使うことは無いだろうし。

それにしても、一日で40駅近く乗り降りって、やってみるとできるもんだね。
まぁやることにほぼ意味は無いけど。

2012年6月 8日 (金)

脱皮

Twitterではちらっと呟いたかもしれないけど、
ちょいと前からペットが増えました。

小エビちゃん3匹

丸池公園てのがあってさ。
かっぱ寿司の優待券を使い切るついでに寄ってきたんだけど、
子供が引っ掻き回す横で、空きペットボトルに池の水を取って観察。
せいぜい、川虫みたいのがいるくらいだろうなぁなんて思ってたら、
意外なことに小エビ発見。

ヌマエビの子供かな?
よく分かんないけど5mmくらいの、透明なエビ3匹捕獲。
大事に家に連れて帰ってきて、今までのケンミジンコ水槽
(ティーポットを流用した、直径10cmくらいの)に、放流。

とまぁそんな素性のエビを2週間ほど育ててる…
と言っても、ただ放置してるだけだけど…
今日ちらっと水槽覗いてみたら、
明らかにエビデカくなってる。
ついでに、脱皮した殻もあったよ、3匹分。

水槽の中って、基本的に昼間の数時間だけ直射日光が当たってて、
他の時間は間接的に日光が届くだけ。
エビを見てると、ちょっと薄暗くならないと活動しないのね。
そんなわけだから、ちょっと日陰くらいなのがちょうどいいのかも。

日光で苔とかが発生→エビの餌→糞→苔とかの養分になる

ってサイクルになってるのかな。
今のところ、日を当てるだけでサイクルが回ってるっぽい。
ミジンコは、その随分前…確か冬からずっといるから、
そっちのサイクルもうまく回ってるみたいだな。

苔とか藻とか→バクテリア発生→ミジンコの餌→ミジンコ死亡→苔とか藻とかの養分に

ただ、小エビがでかくなってきたら、何か考えなきゃなぁ。
多分このサイクル破綻するだろうし…
とりあえず、落ち葉とか入れといたら、水質良くなったりするかな。

2011年12月 6日 (火)

ロゲルギスト

明日雨だってよ、奥さん。
全く、冬の雨は冷たくていけないねぇ。

ところで、俺もそろそろ本とか読む習慣をつけなきゃいけないねぇ
ってな話をしていた、今日の昼休み。

結構回りでは、読書好きが多くてさ。
本人は、別に意識して本読んでるわけじゃないみたいだけど、
どうも俺は本読んでても気が散っちゃっていけないね。

結局、それが理由で長続きしないし。
学生時代は通学時間によく本読んでたけど、
今となっては習慣なんて無くなっちゃったし。

「別に無理して読まなくていいんじゃない?
面白いから、続きが気になって読んじゃうの」

なんて言われてさ、その通りだとは思うんだよね。
俺もそういう経験あるし。
結局は、面白い本と出会えるかどうかだって結論なんだけれども。

で、ふと見つけたのが、ロゲルギストの物理の散歩道ってシリーズ。
思いっきり理系本だけど、結構面白そう。

今度ゲットして読んでみようかしらねぇ。

2011年7月20日 (水)

blue eyes blue

新居関連でゲットしたエコポイント、
とりあえず全額ヨドバシの商品券に換えといたの。

ロス無いしな。
どうせ使うかなと思って。

でもさ、買い物するなら結局ネットショップの方になっちゃうじゃん。
特に高めのものとかって。
あんまりヨドバシ使わないのよね。

というわけで、行き場の無くなったヨドバシ商品券。
それとほぼ時を同じくして、欲しくなったmanta

もう全額つぎ込むしか無いよね。

というわけで、mantaに化けるのは割と前から決まってたんだけどさ。

紆余曲折の中で、T1000の方がいいかなとか思ってみたり、
mantaの最新版が出るのを発見して、ウジウジ迷ってみたり。

で、やっと先日ゲット。
結局、当初の予定通りのやつ。

いやーやっぱいいわー
着けるのが楽しくなる時計っていいわー

ま、ブランド腕時計の中では、
大したことないかも知れないけどさ。
でも結構いい値段しちゃうじゃない。

時計を眺めてニヤニヤする日々ってのもいいじゃない。

2011年6月22日 (水)

新たな

以前から興味はあったんだが、
この度苔を育ててみようと思い立ちました。

調べてみると、肥料とかはいらなくていい反面、
水のある環境を作るのと、成長が遅いのとで、
普通の植物とはまた違った難しさがあるらしい。

ま、枯れちゃったら枯れちゃったで仕方ないし、
試しにどこまでやれるか頑張ってみるぜ。

周りの人には、口々に渋いねーと言われた苔栽培。
意外とはまりそうな要素があると思うんだがなぁ。

2011年2月16日 (水)

初回

明日は、Culture Clubの第1回目。
当初予定してたのとは随分違うやり方にはなるけど、
でもよさそうな感じだし、まずは始めてみるのが重要。

毎回30分ずつ、一個人の内容に絞って、
ディスカッションを含めていろいろと勉強してみると。
簡単に言うとそんな感じ。

トップバッターは、もちろん俺なわけだけで、
その他に2人ほどで、1回あたり3人ずつ。
後輩は、すごく心配してて、今日は徹夜で用意しなきゃとか言ってたけど、
今のところ俺は何も用意してないしw
大丈夫かいな?

一個人縛りにはしてみたけど、
今回は古文書講座の内容紹介にしてみようかなと。
そういや、古文書講座の内容って書いてなかったけど、
結構面白かったんだぜ?

周りはお爺ちゃんお婆ちゃんしかいなかったけどな。

そんなわけで、ぶっつけ本番でも良いかなと思ってたんだが…
さすがに少しは用意しようかな。

さてさて、どうなることやらねぇ~

より以前の記事一覧