最近のトラックバック

無料ブログはココログ

史跡 / 戦跡

2013年10月27日 (日)

野口家資料にみる布田五宿の香具師集団

文化の日が近いね。
そんなわけで、都では文化財ウィークなんてのをやってるんだけど、
果たして同年代の人がどれだけ知ってるか…っていうと、
まぁ1%もいないだろうなぁってな感じだよね。

文化財ウィークって、別に今年からやってるってわけじゃなくて、
今までも毎年開催されてるけど、
それはそれは地味なんで、知ってる人がほとんどいないと。

事業としては、主に3つに分かれていて、
特別公開事業、文化財めぐり事業と、講演会事業ってな感じかな。

本当はいろんなところに顔出してみたいけど、
中々時間の制約とかもあるんで、
気軽に行けて興味のあるやつってわけで、
↑って言う講演会があったから、ちょっくら行ってきた。

でも、↑見ても、なんのことやらさっぱりわかんないよね、普通。
簡単にまとめると…
調布には、甲州道中沿いに布田五宿ってのがあってさ、
そこを中心に、江戸時代に香具師集団がいたとさ。

香具師って言うのは、いわゆるテキ屋のことで、露天商のことだね。
主に神社仏閣の縁日やらに来ては、露天を出して商いをするという。

調布市域だと、深大寺やら布多天神やらが有名だけど、
そこで自由に商売をやられると、色々とトラブルが起こるよね。
そうなると、香具師たちは集団を作るわけで、
それを仕切るのがいわゆる親分となるわけだ。

親分ていうのは、やっぱり場所ごとに決まっていてさ。
今回題材として挙げられた野口家というのは、
布多天神の縁日を仕切っていたんだそうな。

一応、俺が把握しているのはその辺りまで。
間違ってたらごめんなさい。

続きを読む "野口家資料にみる布田五宿の香具師集団" »

2012年2月26日 (日)

Drive & 資料館

先日、車のバッテリが上がったこともあって、
最近乗ってない車を転がして、久々にどっか遠くに行こうかと。

で、フラフラと西の方へ向かってたわけだけど。
先日職場の先輩からの、八王子市郷土資料館で
「八王子と鉄道」の展示やってるよって情報を思い出し、
行ってみることに。

夏あたりにも、調布の郷土博物館で京王線展をやっててさ。
市の古い郷土資料館の展示って内容は微妙だけど、
鉄分のある方にはかなり楽しめるという。

確かに、今回の八王子市郷土資料館も展示はこぢんまりしてさ、
多分普通の人にはつまんなかっただろうけど、
俺的にはそれなりに面白かったし。
図録売ってたの見つけて、ついつい買っちゃったし。

八王子からは大垂水峠を越えて、上野原から檜原へ抜けて、
前からちょっと気になってた檜原村郷土資料館へ。

内容は自然と古民具とかだったかな。
郷土史的な押しとしては、やっぱ数馬の兜造だよね。
動く切断模型があってさ、内容はともかく、面白かったかな。

久しぶりの運転だったせいか、結構疲れた。
やっぱ定期的に運転しなきゃダメだなぁ。

2012年2月 9日 (木)

道成寺物

メトロガイド見てたら、「和歌山てらこや」なんてのを発見。
道成寺物の話が聞けるってんで、わざわざ浜松町までお出かけ。
なんか、浜松町に行く機会がすごく多いんだけど、なんでだろ?

このイベント、和歌山の観光協会的な所が主催で、
観光客誘致の一環なのかな。
一般的には、和歌山のウリって紀州梅と有田みかんくらいでしょ?
最近は熊野古道が世界遺産に指定されてみたり、
熊野川が台風で大変なことになって、
一時ニュースで騒がれたりして。

まぁ、一般人からすれば岡山並みのマイナー県だろうけど、
一昨年の夏休みで和歌山行ってみたけどさ、
意外と見所たくさんだよね。

今回の道成寺って、御坊の近くにあるらしくてさ。
前回和歌山行ったときは、御坊で紀州鉄道見るのに夢中で、
道成寺はスルーしちゃったんだけど。
今思えば、御坊なんてどうでもいいだろうと…

道成寺物って、実は結構有名らしいね。
簡単にストーリーを話すと、
安珍て坊さんが、清姫にさんざん追い回されて、
最後殺されちゃうって話。

その話を絵巻にして、絵解きって形で説法するんだそうな。
実際には、絵解きだけじゃなくて、歌舞伎になったり、能になったり。
色々な形で語り継がれてるんだそうな。

続きを読む "道成寺物" »

2012年2月 1日 (水)

几号水準点 芝愛宕神社 (港区愛宕) @ 11/11/13

サーバを落とした関連で、写真が全滅だったんだけど、
几号の写真から順次復旧させてる関係で、
最近行ったネタを1つ。

この前、ブラタモリでもやってた芝の愛宕神社に
珍しいやつが一件あるんだよな。

大きな地図で見る


ちょっと細かいとこは忘れたけど、
上の写真の右端に写ってるあたりに碑が立ってる。
それが下の写真。


この碑の台座右側部分に几号がある。


狭かったのを無理やり撮ったから、上下逆になってるね。
別角度から撮ったのを、写真逆にすると…


半分土に埋もれながらも、T字が見られるね。
ここの几号は、いつもの形ではなくて、T字なのです。

写真でも分かる通り、ちょっと掘り返してある感じだけど、
これ、俺がやったわけじゃありません。
恐らく、同業者がやったんだろうね。

ま、別に悪いことしてるわけじゃないけど、念のため。

続きを読む "几号水準点 芝愛宕神社 (港区愛宕) @ 11/11/13" »

2009年11月29日 (日)

深大寺中開帳 @ 11/29

Yahoo! Localの情報で、
深大寺で御開帳があると知ったのが先週末。
こりゃもう行かなきゃなるまい!と思ってはみたものの、
12/3(木)で終わっちゃうので、行くなら29日しかない。

28日の山の影響で死んではいたが、
次は25年後とか言われちゃ、行かないわけにいかず…

実はうちの住所も「深大寺」だけど、
深大寺までは徒歩で30分ほど。
よく住所を見て、
「深大寺なんですか~調布の近くなんですね」
って言われるけど、そうじゃないんだな。
毎回説明するのが大変なんだけど…

で、写真

深大寺の周辺は紅葉がちょうど良い時期で、
手軽に紅葉を楽しむにはちょうど良い感じ。

御開帳というと、善光寺を思い出すけど、
深大寺はそれほどでもないだろうと…と高をくくってたら、
まさか本堂に上がるまでに行列ができてるとは…

続きを読む "深大寺中開帳 @ 11/29" »

2009年7月 3日 (金)

几号水準点 赤坂見附 (千代田区紀尾井町) @ 6/13

みんなにお馴染み、赤坂見附。
結婚式だったり、就活だったり、セミナとかで通ったことあるじゃない。
でも、あそこにも几号があるんですねぇ。

場所は、言うまでもなくここ。

大きな地図で見る

一度は見たことのある、赤坂見附の標識。
上の写真の左、植物が石垣を覆ってるあたりに几号はある。


割と綺麗に見られるけど、知らないと全く気づかないよね。
覚えてたら、一度は見てみても良いかもね。

2009年2月19日 (木)

几号水準点 千住天王素盞雄神社 (荒川区南千住) @ 2/15

円通寺より昭和通り沿いに10分程度北に行くと、
素盞雄神社がある。
ちなみに、読み方は"すさのお"ね。


大きな地図で見る

三ノ輪駅の方から行くと、日光街道の陸橋を右手に見つつ、
交番のある交差点まで来たら、その道を左へ。
左手が素盞雄神社の敷地だが、その入り口にある鳥居の、
向かって左に几号はある。


上の写真でも、なんだかうっすら見えるよね。
素盞雄神社には、いくつか鳥居があるが、
一番南側に立っている鳥居が几号のある鳥居。

境内は、近所のじいちゃん、ばぁちゃんの溜まり場
みたいな感じだったかな。
日光街道は交通量が多いけど、
素盞雄神社はなんかほのぼのとした雰囲気。

でも、このうち何人が几号に気づいてるんだか…

2009年2月16日 (月)

几号水準点 南千住円通寺 (荒川区南千住) @ 2/15

久しぶりの几号でございます。
今回は都電荒川線に乗って、三ノ輪橋周辺。


大きな地図で見る

円通寺に辿り着くのって、そんなに難しくないと思うんだけど、
三ノ輪橋の駅って、若干日光街道から中に入った所にあるんで、
気をつけてないと迷います。

と言うか、迷った。

信じられないかもしれないけど、俺は迷った(笑

で、まぁ何とか日光街道に出たとすると、
円通寺は割と簡単に見つかるね。
かなーり目立つし…

几号は、門を入ってすぐ左手。
百観音の碑(向かって左)の台座正面に刻まれている。

やたらと人目につくんで、几号の全体像は見てないけど、
一番上の横棒だけは割とハッキリ見て取れる。


拡大すると、斜線が見えるし、コレで間違いなさそうだね。

2008年8月11日 (月)

府中市は本気のようです

夏休みの予定を立てようと思ってたのに、
結局何もせずに終わる週末。
そのくせ、10月以降の予定だけは決まって行く、この矛盾。

Yahoo!の地域情報を眺めてたら、
テーマ展 府中市の念仏講
なんて、どう考えても一部の物好き以外は目を止めないだろう
記事を見つけてしまった俺。

府中市郷土の森博物館で展示してるらしく、
暇つぶしにはちょうど良いかなぁ~なんてHPを見ていると、

発掘!府中の遺跡 発掘された戦争の記憶&調査速報

なんて、ビックリマーク付いてるけど、誰がビックリすんだよ!
ってな展示を見つけてしまう運の悪さ。
白糸台の有蓋掩体の写真が載せられたら、
行かないなんて選択肢がありようがないわけだ。

そんなわけで、このクソ暑いのに、
チャリでフラフラ出かけていってみたのでした。

続きを読む "府中市は本気のようです" »

2008年1月 6日 (日)

几号水準点 皇居天守台跡 (千代田区千代田) @ 8/12

竹橋のついでに、皇居天守台跡にも行ってみる。

竹橋から西へ向かい、北桔橋門から皇居東御苑へ。
入ってすぐ目の前に天守台跡がそびえている。

几号があるのは、東側側面の北東端付近。


大きな地図で見る


マクロで見てると、まず見つからないけど、
知っていれば比較的簡単に発見可能。


前に回ってみると、こんな感じ。
流石にかなりでかくて立派だ。
几号があるのは写真右側の側面ね。

ちなみに、皇居は中々キレイだし、散歩にはもってこい。
管理人のおっちゃん曰く、デートでも良いよって。
暇があったら、フラフラしてみるのも良いかもね。